NAGAHORI Corp. Site

EN

採用情報先輩社員の声

先輩社員の声

ナガホリで活躍されている先輩社員からのメッセージをお届けいたします!

  • 営業社員の声
  • 事務社員の声
  • 販売社員の声
  • 制作社員の声

営業社員の声 A.M

2014年4月入社
商品本部
ブランド部
WISPグループ
新卒採用
上智大学 文学部卒

就職先としてナガホリを選んだ理由

私はもともとジュエリーが好きだったこともあり、ジュエリー業界での就職を目指し、様々な会社の企業説明会に参加しました。その中でも、ナガホリへの入社を目指したのは、ナガホリがメーカー・卸・小売といった様々な役割があり、川上から川下まで業務を一貫して手がけているという特徴に魅力を感じたからです。企画・開発、製造から販売まで、ジュエリーに関して様々な側面から総合的に学べる環境で社会人として成長していきたい、そう思ったことがナガホリを選んだ大きな理由です。

これまでに担当した業務・仕事のやりがい・心がけていること

ブランド部WISPグループに所属し、営業を担当しております。WISPは、ファッションビルや百貨店のアクセサリーフロアで展開しているライトジュエリーのショップです。
私は、売上および利益責任を持ち、店舗運営全般に携わります。具体的には、出店しているディベロッパーや百貨店のバイヤー様と打ち合わせてショップの販促計画を立案・実行すること、店舗の在庫状況・自社および競合の売れ筋情報の収集と開発担当者への情報提供、販売スタッフが気持ちよく働けるような環境作りなど、多岐に渡ります。入社前は、営業の仕事は直接的に商品を販売することだけをイメージしていましたが、組織的営業活動には様々な業務があることがわかりました。当社の販売スタッフは、私より先輩であることが多いのですが、ありがたいことにたいへん可愛がっていただいております。おかげで全体のチームワークは抜群です。例えば、販売スタッフとのコミュニケーションを通じて生まれたアイデアや仕掛けが成功して、多くのお客様にご支持いただくことがあります。この時にはこの上ない喜びを感じ、それを全員で分かち合います。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

私が仕事を通じて最も成長したと感じるのは、分析する力です。私の担当業務においては、自店だけでなく、マーケットの動向や競合他社の情報も合わせて多角的に分析し、それを踏まえた施策を実際の現場に取り入れて、店舗を活性化することが求められます。分析するデータは、定量的なものだけでなく、例えばお客様の貴重なご意見などの定性情報も含まれます。担当になりたての頃はとても難しかったのですが、先輩方の指導のおかげで、分析する視点・考え方を学ぶことができました。
今後は、更に多くの経験を積みながら勉強を重ね、より多くのお客様に愛される売場作りを目指したいと思います。また、将来的にはこの経験を活かし、商品開発にもチャレンジしてみたいと考えております。

営業社員の声 S.I

2007年4月入社
ホールセール事業部
営業1課
新卒採用
大阪商業大学
経営学部卒

就職先としてナガホリを選んだ理由

就職先としては、人々の生活を豊かにするものを取り扱いたいと思い、住宅や宝飾品の会社を志望しておりました。中でも営業の仕事に興味を持っておりまして、BtoBのダイナミックなビジネスができるのではないかと思い、ナガホリを志望しました。私は京都出身で勤務地について特に希望はなかったのですが、独り立ちするにはちょうど良いと思い、東京での就職を決めました。

これまでに担当した業務・仕事のやりがい・心がけていること

現在は、ブランドジュエリーの営業を担当しております。取扱ブランドはPINKY&DIANNE・Sweet 10 Diamond・Thanks Days Platinumなど、担当エリアは北海道・北関東・中京地区です。主に出張で取引先小売店様を訪問しますが、なるべく効率よくルートセールスができるように、事前のアポイントメントをとっていきます。
主たる任務は、ブランドジュエリーが売れる仕組みを構築していくことです。常に新しい提案を行い、お取引先様やその先にいらっしゃるお客様が飽きることのないようにすることが肝要です。提案の仕方は大きく2通りあります。1つはトレンド追求型で、お取引先様のニーズを把握して当社の開発担当者と情報を共有し、ニーズに合致したものを開発して提案していくものです。もう1つはトレンド先行型で、まだ明確なニーズとして顕在化していないものを見つけ出し、当社からお取引先様に発信していくものです。社内の開発ミーティングにおいて、営業である私の意見もダイレクトに反映されますので、それが新しいブランドの形となり、担当ブランドのファン拡大に貢献できた時に大きなやりがいを感じます。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

経験を積むにつれて、課題を発見してから解決するまでのスピードが早くなってきたことを実感しております。自分ひとりの力で何とかするのではなく、必要に応じて周囲のメンバーの協力もあおぎ、チームとして大きな成果をあげられるように努めております。周囲を巻き込む力が身についてきたのかもしれません。
これからも、チーム一丸となって協力し、会社の顔と言えるブランドを数多く育成してまいりたいと思います。

事務社員の声 N.S

2016年4月入社
ホールセール事業部
業務グループ
新卒採用
成城大学 社会イノベーション学部

就職先としてナガホリを選んだ理由

将来の職業として、自身が興味を持っているジュエリーに深く携わりたいと思っておりました。大学3年生のとき、大学のインターンシップでナガホリを見つけ、プログラムを見て、様々な業務を学ぶことができると知って参加を決めました。実際に参加してみると、製造、営業、展示会、店頭販売など、想像以上に多くの仕事内容に触れることができました。多くの職業体験を積んだおかげで、様々な業務の中から、自身は事務の仕事に適性があることがわかりました。また、インターンシップを通じて、社員の皆様が活き活きと誇りを持って業務にあたっている姿を間近に見て、自身も先輩方のようになりたいと思い、入社を決めました。

これまでに担当した業務・仕事のやりがい・心がけていること

入社してから、営業事務を担当しております。お取引先様からいただくご注文や加工・修理依頼に対応することと、当社の営業担当者のサポート業務が主な業務です。お取引先様からのご依頼の多くは、電話によるものです。電話はお互いの顔が見えない為、私は声の表情に気を付けて話すようにしております。声の高さ・明るさ・明瞭度・強弱に気を遣いますが、単なるテクニックではなく、お取引先様に気持ちよくご注文いただけるよう誠意をもった対応を心がけております。
社内のサポート環境はとてもよく、次長・課長・諸先輩方がフォローしてくださいます。私が先輩方から学んだことは大きく2つあります。1つは、お取引先様との約束事は必ず守ること。約束を守ることで、お取引先様と信頼関係を結ぶことができます。もう1つは、自分で考えて行動すること。私にわからないことがあって先輩に質問する際、先輩はやり方だけを教えてくれることはありません。簡単に答えだけを教えてくれるのではなく、私が何に躓いてわからなくなっているのか、その業務の根本の意味の確認から始まり、私が自ら答えを見つけることができるように導いてくださいました。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

入社後に、ジュエリーコーディネーター3級の資格を取得し、ジュエリーに関する基礎知識を習得することができました。基本を学んだ後は、実務を通じて応用を学んでいきます。業務を通じて少しずつ、着実に商品や加工の知識が増えてきました。当社の工場から注文の商品が届いた後、お取引先様へ出荷する前には、必ず私が最終の検品を行います。万一お取引先様の品質基準に満たないものがあった場合は、工場に仕上げ直しを依頼しますが、そういったことの判断基準が養われてきました。今後は、商品知識だけでなく、業務全体の流れを把握して、先回りして行動できるようになりたいと思います。

事務社員の声 A.H

2012年4月入社
商品本部
商品部商品1課
新卒採用
青山学院女子短期大学
家政学科卒

就職先としてナガホリを選んだ理由

私がナガホリを知ったのは、就職情報サイトのナガホリのページに、私と同じ短大を卒業した先輩が紹介されていた記事を見たことがきっかけでした。
私は当初、業種や職種を絞り込まずに就職活動を進めておりましたが、ナガホリの説明会に参加して、宝飾品の業界にたいへん強い興味を持つようになりました。説明会で先輩社員の話を聞き、ジュエリーは生活必需品ではありませんが、結婚・誕生日・成人のお祝いなど、人生の節目ごとに特別な思い出として残る大切な宝物だと実感したからです。このときから、私は多くの人の人生をより豊かにできる仕事に就きたいと、自身の進路を明確にすることができました。その後、業界研究を進めていくうちに、宝飾品の業界の中でも、特に心に響く素敵なジュエリーを多く企画・開発しているナガホリに魅かれていきました。

これまでに担当した業務・仕事のやりがい・心がけていること

入社後、最初に配属となったのが商品管理部で、主に社内における商品の移動処理を担当しました。少しでも在庫効率を高めるために、在庫情報を常に正確に把握することを心がけました。
1年半後、現在の部署に異動となり、ダイヤモンド製品の生産管理を担当するようになりました。担当する商品の在庫状況・営業の受注状況・工場における生産の進捗等を勘案し、生産に必要な材料の手配・生産指示・納期管理・品質管理を行うことが主な業務です。私の場合、営業部・材料調達チーム・工場など、様々な部署との連携が重要なので、物事を相手にわかりやすく伝えることを第一に心がけております。また、店頭での要望・工場からの提案などは部門をまたいで情報を共有できるよう工夫し、ミスのない正確な業務を意識しております。お客様の人生の節目を飾る大切なジュエリーは、納期や品質でミスがあってはいけませんので、細心の注意を払うようにしております。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

入社当初はジュエリーに関する専門知識がなく、不安に思うこともありましたが、研修や先輩方のアドバイスによって、少しずつ知識を高めていくことができました。専門知識が高まるにつれ、徐々に任せていただける業務の量が増え、幅が拡がり、周囲から信頼していただけることで、やりがいや責任を実感できるようになりました。業務を通じて、裏方ながらお客様の大切な思い出づくりのお手伝いができることが、私の大きな喜びです。今後は、ダイヤモンドや生産に関するより深い知識を身につけ、更にお客様のご要望にお応えできるスタッフになることを目指します。

販売社員の声 D.U

2013年4月入社
大型店事業部大型店2課
首都圏百貨店勤務
新卒採用
拓殖大学 経済学部卒

就職先としてナガホリを選んだ理由

私は学生時代のアルバイト経験を通じ、卒業後は接客業に従事したいと思っておりました。就職活動では合同企業説明会に参加して、様々な業界の説明を聞いて企業研究をしておりました。その折に、ナガホリの会社説明を聞くうちに、宝飾品の販売は顧客満足が重要であり、それには販売員の力量が大きく影響するのではないかと感じるようになりました。せっかく販売の道を進むならば、よりチャレンジングな仕事がしてみたいと思い始めたのはこの頃となります。その後、企業研究を進めていくうちに、ナガホリが宝飾業界で数少ない上場企業であること、製造から流通まで幅広い機能を持っていること、宝飾品の知識ゼロからでも入社後の教育でプロになれる環境があることに魅力を感じてナガホリを志望しました。

これまでに担当した業務・仕事のやりがい・心がけていること

入社後は大型店事業部の本部に配属となり、3ヶ月間にわたって、接客マナー・宝飾品の専門知識・店舗および本部での業務の流れ・製造や加工などの基礎教育を受けました。この3ヶ月間は、先輩社員からマンツーマンの指導を受けられるエルダー制度がありまして、不安なことやわからないことについて、丁寧に教えていただくことができました。入社3ヶ月後に、百貨店宝飾サロンに配属となりました。私が勤務している宝飾サロンでは、ジュエリーの販売はもちろんのこと、お客様のご要望に応じてお手持ちのジュエリーをお好みのデザインにリフォームするご相談も承っております。リフォームでは、より広範にわたる商品と加工の知識が必要になりますので、日々、関連情報の収集に努めております。また、お客様の大切な思い出の品をお預かりしますので、お客様との約束を守ることを心がけております。リフォームが出来上がり、生まれかわったジュエリーをご覧いただくと、お客様はたいへん喜んでくださいます。この瞬間、私はこの仕事に就いて本当に良かったと思います。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

宝飾サロンに配属となって間もない頃は、初めてのことばかりで苦労の連続でしたが、温かい先輩方の支えがあり、接客の経験を積んでいくうちに自信が持てるようになってきました。今では、私を訪ねて来店していただけるお客様も少しずつ増えてきて、このことが私の活力源になっております。今後もこういったお客様が増えていくよう、商品知識を更に高め、真心込めた接客に努めていきたいと思います。

販売社員の声 H.M

2000年9月入社
大型店事業部大型店1課
首都圏百貨店勤務
通年採用
前職:百貨店宝飾サロンにおける販売

就職先としてナガホリを選んだ理由

前職において、百貨店宝飾サロンにおける販売に従事していた際、業界の大手としてフルラインの品揃えで優位性のあるナガホリについて、とても魅力を感じておりました。販売に従事する者として、お客様のニーズに幅広くお応えできる体制は、たいへん心強いものです。私の販売職としてのキャリアと、ナガホリの体制が組み合えば、今まで以上の顧客満足を実現できると思い、ナガホリを志望しました。

これまでに担当した業務・仕事のやりがい・心がけていること

前職に引き続き、現在も百貨店宝飾サロンに所属しております。サロンでの業務は、店内で接客する内販と、お客様宅へ伺って商品を紹介する外販の2種類があります。私は外販担当として、百貨店外商部と連携してお客様に最適な商品の提案を行っております。
宝飾品は、ファッションとしてだけでなく、人生の記念品としても相応しい商品です。お客様の人生の節目を飾るのに相応しい商品をご提案する為には、お客様のことをよく知っていなければなりません。お客様のことをより深く理解できるよう話題にも気をつけており、様々なタイプのお客様に適合する為に、日常から新聞を読んだり、お客様のお仕事や趣味に関連する書物を読んだりして勉強しております。お客様の人生の喜びをお客様と一緒になって分かち合えること、業務と勉強を通じて自身の成長にも繋がっていることが、この仕事の魅力です。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

私が取り扱う商品は、高額であることも多い為、まず私がお客様から信頼を得られるように心がけています。業務を通じて、そういった商品を販売するのに相応しい態度、身なり、会話、商品知識を学ぶことができました。売場の先輩から見習うことも多く、毎日が新鮮な刺激に満ち溢れています。将来的には、内販・外販を統括する店長となり、全体的な店舗マネジメントにも挑戦したいと思っております。

制作社員の声 E.W

2004年4月入社
生産事業部製造課
原型キャストチーム
原型グループ
新卒採用
千葉情報経理専門学校 DTPデザイン科

就職先としてナガホリを選んだ理由

第一に、工場見学をさせて頂いた時の印象が大変良かったことです。当時、私にはジュエリーに関する知識が全く無かったのですが、仕事内容を丁寧に説明して頂いたので、ジュエリーに対してより深い興味を持つようになりました。
第二に、もともとPCを利用してデザインする仕事に就きたいと思っていたことが挙げられます。アトリエ・ド・モバラには、PCの設備も整っており、「この会社なら私の学んできたことが活かせるかもしれない」という気持ちになったことがナガホリを選んだ理由です。

これまでに担当した業務・仕事のやりがい・心がけていること

2年間のキャスト業務を経て、現在は原型グループで主にJCADのオペレーションを担当しています。デザイナーが描いた二次元のデザインをJCAD画面で立体的な三次元製図に置き換え、出来上がったデータを造形機に送信し、樹脂原型を作るまでを担当しています。ジュエリーの原型は、僅か0.5mmの厚みの違いで、製品の出来上がりの印象が大きく変わってきます。デザイナーが込めた想いをできる限り忠実に立体に表現できるよう心がけています。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

この仕事を通じて、お取引先様や職場の仲間との信頼関係の大切さを実感しております。私の仕事は、製造工程の中ではスタート地点に位置するので、私の後の工程がスムーズに仕事を進められるように気を配り、チームプレーを意識できるようになりました。
また現在、デザイナーが発案したもの以外に、私が発案したデザインの原型が、少しずつですが採用されるようになってきました。今後は、更に多くの経験を積んで、より多くのお客様のニーズにお応えできるよう、デザイン開発にも積極的にチャレンジしたいと思っております。

制作社員の声 S.S

2006年4月入社
生産事業部製造課
仕上チーム
羽布グループ
新卒採用
岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校 ジュエリーデザイン科卒

就職先としてナガホリを選んだ理由

もともとアクセサリーに興味があり、ジュエリーを学べる専門学校に進学しました。専門学校では、ジュエリーに関することを幅広く学びましたが、私はこの中で制作に興味を持つようになり、将来の職業として志すようになりました。
就職活動の際、制作職を募集している会社はいろいろありましたが、次第にナガホリに入社したいという想いが強くなりました。ナガホリの場合、原型制作から石留までの製造工程と出荷前の検査まで全ての業務を一貫して行っていること、また設備が充実していることが魅力的でした。採用試験前の工場見学会の際に、各工程を丁寧に説明していただいたことと、職場の雰囲気が活気に溢れていたことも印象に残りました。
就職活動の際、制作職を募集している会社はいろいろありましたが、次第にナガホリに入社したいという想いが強くなりました。ナガホリの場合、原型制作から石留までの製造工程と出荷前の検査まで全ての業務を一貫して行っていること、また設備が充実していることが魅力的でした。採用試験前の工場見学会の際に、各工程を丁寧に説明していただいたことと、職場の雰囲気が活気に溢れていたことも印象に残りました。

これまでに担当した業務・仕事のやりがい・心がけていること

入社後、3ヶ月間のローテーション研修で一通りの工程を経験してから、羽布グループに配属されました。羽布グループは商品を仕上げる工程ですが、作業はまず工具の加工から始まります。仕上げる商品の形や材質の違いに合わせて工具を加工し、これらを使い分けて商品を磨き上げていきます。工具の良し悪しが、最終的には製品の良し悪しに係わってくるので、私は工具を大切にします。今では、工具は私の腕の一部と言っても過言ではありません。私の大切な工具を使い、経験の積み重ねで得た技能を発揮し、製品を奇麗に仕上げられたときにやりがいを感じます。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

入社当初は工具や材質の種類の多さに戸惑いましたが、業務を通じて徐々に知識が増え、今ではそれぞれの特徴を活かして仕上げることができるようになりました。
現在は担当の羽布業務と並行して、社内研修プログラムで石留の技術を学んでいます。少しでも早く石留の技術を習得して、より幅広い工程に対応できるようになることが現在の目標です。