トップ > 採用情報 > 先輩社員の声 > 制作 > S.S

採用情報

制作

S.S

mob03180230.jpg

2006年4月入社
生産事業部製造課
仕上チーム羽布グループ
新卒採用
岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校 ジュエリーデザイン科卒

就職先としてナガホリを選んだ理由

もともとアクセサリーに興味があり、ジュエリーを学べる専門学校に進学しました。専門学校では、ジュエリーに関することを幅広く学びましたが、私はこの中で制作に興味を持つようになり、将来の職業として志すようになりました。
就職活動の際、制作職を募集している会社はいろいろありましたが、次第にナガホリに入社したいという想いが強くなりました。ナガホリの場合、原型制作から石留までの製造工程と出荷前の検査まで全ての業務を一貫して行っていること、また設備が充実していることが魅力的でした。採用試験前の工場見学会の際に、各工程を丁寧に説明していただいたことと、職場の雰囲気が活気に溢れていたことも印象に残りました。
この会社ならば、全ての工程があり、将来的に様々な技能を学ぶチャンスがあるので、制作の技能を追求したい私の希望に合っていたことが志望の理由です。

担当している業務・仕事のやりがい・心がけていること

入社後、3ヶ月間のローテーション研修で一通りの工程を経験してから、羽布グループに配属されました。羽布グループは商品を仕上げる工程ですが、作業はまず工具の加工から始まります。仕上げる商品の形や材質の違いに合わせて工具を加工し、これらを使い分けて商品を磨き上げていきます。工具の良し悪しが、最終的には製品の良し悪しに係わってくるので、私は工具を大切にします。今では、工具は私の腕の一部と言っても過言ではありません。私の大切な工具を使い、経験の積み重ねで得た技能を発揮し、製品を奇麗に仕上げられたときにやりがいを感じます。

仕事を通じて成長したこと・今後の目標

入社当初は工具や材質の種類の多さに戸惑いましたが、業務を通じて徐々に知識が増え、今ではそれぞれの特徴を活かして仕上げることができるようになりました。
現在は担当の羽布業務と並行して、社内研修プログラムで石留の技術を学んでいます。少しでも早く石留の技術を習得して、より幅広い工程に対応できるようになることが現在の目標です。

このページの先頭へ