NAGAHORI Corp. Site

EN
LALIQUE

BRAND STORY

創設者ルネ・ラリックは、アールヌーヴォーとアールデコ、二つの時代を駆け抜けた天才ジュエラーでした。ジュエリー・デザインのみならず、時代とともに、ガラス工芸へと転進をはかり、ガラス工芸の巨匠とも言われています。近年では、ルネ・ラリックのグラスやクリスタルの美術品がよく知られ、ラリック社はジュエリー、インテリア、香水、アート作品を扱う、グローバルライフスタイルラグジュアリーブランドに発展しました。
ラリックのジュエリーはブランドの根本を支える重要な柱の一つです。ルネ・ラリックは貴石や半貴石、エナメルなどを好んで使用し、神話のモチーフや自然をテーマに、美しい幻想的なジュエリーを制作しました。ラリック社のジュエリーは、フランスの工房ですべて手作業によって作られており、ルネ・ラリックの原点であるハイジュエリーコレクションは、2011年より再開されています。

DESIGNER

ルネ・ラリック

ルネ・ラリック(1860-1945)は、ガラス工芸の巨匠として知られていますが、そのキャリアのスタートは、ジュエリー・デザイナーでした。
フランス・シャンパーニュ地方に生まれ、自然の中で過ごすことを好んだ彼は、自然をこよなく愛し、植物や昆虫の色や光に感銘を受け、その印象を再現したすばらしいジュエリーを制作しました。
ルネ・ラリックは、19世紀末にアールヌーヴォーとアールデコを象徴するアーティストの一人として時代を牽引しました。フリーランスとして有名ジュエリーブランドとの仕事でキャリアを築く中、1900年の第5回
パリ万博で発表したジュエリーが好評を博し、今日のラリックへと大きく発展していきました。
クリスタルなどの装飾品、建築や家具などの幅広いジャンルで活躍し、日本でも多くのファンを魅了しています。

BRAND HISTORY

COLLECTION